甲状腺の病気や乳癌について|転移した箇所によって治療法も変わる

がんの合理的な治療法

医者

がんの治療法は従来、外的な要素を用いてがんに対応してきましたが、がんの新しい治療法である免疫細胞療法は、がんを内側から退治する治療法となります。この治療法は可能なのかと思うかもしれませんが、可能なのです。がんの発症と健康状態が関係していることは事実です。但し、不健康だからがん細胞が誕生するのではなく、がん細胞に対する免疫力が失われてしまうということなのです。従って、免疫力さえあれば良いということになりますから、がんを内側から退治することは可能であり、それを治療に取り入れたのが免疫細胞療法というわけです。免疫細胞療法は、がん治療の従来の考え方からすれば斬新ですが、合理的な治療法です。そして、理論上のことではなくすでに結果も出ていますので、大いに注目されています。

ただ、免疫細胞療法は新しい治療法であるが故に、まだ環境が整っていないという問題を抱えています。そして、最大の問題となるのが治療費だと言えます。免疫細胞療法は現在保険適用外治療ですので、かかる治療費は全額自己負担しなければならないという状況なのです。但し、医療費控除を受ければ、納税の優遇措置が施されますから、支払った治療費のうち、いくらかは還付されることとなります。また、民間の保険会社では、すでに免疫細胞療法に関する保険を扱っているところもありますから、加入していれば、治療費の負担は大幅に軽減されることとなります。免疫細胞療法の保険適用が認められるのはいつのことになるか分かりませんから、保険に加入することは賢明な判断だと言えます。