甲状腺の病気や乳癌について|転移した箇所によって治療法も変わる

カウセリング

症状を知ろう

甲状腺に異常がある時には早期発見をすることがとても大切です。症状を知っておくと、普段の生活でちょっとした異変に気付くことができるかもしれません。ネットや病院のホームページで症状を確認することができますよ。

女性に多い病気

カウンセリング

甲状腺の病気には大きくわけて二種類あり、機能亢進症は動悸や痩せていく症状もあります。また大量に汗をかいたり、常にイライラしてしまう症状が現れるため、機能低下症は亢進症とは逆で早期がなく、食欲がなくても太ってしまいます。そのため、多くの女性が月経不順になってしまいます。甲状腺の病気は薬で治療をすることが可能です。効き目は個人差がありますが、比較的症状を安定させることが可能です。しかし中には、長年薬で治療をしても一向に症状が改善しない人もいます。そんな人には手術やヨウド治療を進める医者が多くいるでしょう。

甲状腺の病気を手術する時には、甲状腺を全摘する方法で手術を行います。昔は、適量を残す方法で手術を行っていますが、再発のリスクが高くなってしまうので今では全摘をする医者が増えています。手術をすることによって再発する心配がありません。しかし、首の下に8センチほどの傷跡が残ってしまうデメリットがあります。また、血液中にホルモンを分泌する機能を失ってしまうので、チラージンという薬を一生飲み続けなければなりません。しかし、副作用が全くない薬なので安心して服用することができます。海外では、ほとんどの医者がヨウド治療をします。ヨウド治療は一般的にアイソトープを呼ばれていて、微量の放射性同位元素を含む薬を体内にいれて甲状腺の機能を破壊する治療のことです。アイソトープは副作用もなく、首に傷が残る心配もないので比較的多くの人がアイソトープを受けています。しかし、アイソトープをしていない病院もあるので希望する人は医者に相談することが大切です。甲状腺の病気を患っている人は、薬を毎日服用することがとても大切です。また体調管理をしっかりしていれば、支障なく普通の生活を送ることが可能です。手術やアイソトープを希望する時には、インターネットを使って多くの情報を集めることができます。メリットやデメリットを調べて、どちらを選ぶか決めましょう。また分からないことがあればすぐに担当医に聞くと安心して治療をすることができるでしょう。

甲状腺の病気と同じぐらい、乳癌と闘っている女性も多いです。乳癌はほかの部分に転移することもあり、多くはリンパ節や骨に転移する場合がほとんどです。リンパ節に転移した場合は、脇の下のリンパ節を切り、癌が全身に転移することを防ぐ手術を行ないます。乳癌を患っている人のおよそ3割は骨に転移すると言われており、その場合には抗癌剤治療やホルモン療法などを行ないます。転移する箇所によって治療法は様々ですが、医師の判断のもと、治療法を選択していきましょう。転移した癌の治療の名医と呼ばれる医師もたくさんいますので、名医がいる病院に問い合わせてみることも良いでしょう。治療だけではなく、気持ちを軽くするためにも、医師と相談することが大切です。

医者

がんの合理的な治療法

免疫細胞療法は、従来の治療法とは異なるがんの治療法です。但し、新しい治療法なので保険適用外です。しかし、医療費控除を受ける、民間の保険会社の免疫細胞療法に関する保険に加入するといったことをすれば、治療費の負担を軽減させることはできます。